中国の科学技術

Science and Technology in China

 このホームページは、約20年にわたって中国の科学技術情勢を調査分析してきた林幸秀(はやしゆきひで)が作成するものである。内容は、既に出版した書籍などの情報をデータベース的にとりまとめたものと、特定のカテゴリーを決めて連載する記事から成り立っている。

This home page is made by Yukihide Hayashi, who has researched and analyzed the science and technology situation in China for about 20 years. The content consists of databases that compiles information on books written by Hayashi as well as articles of specific categories such as university or researchers.

 

中国の科学技術の概要

中国の科学技術概要
Overview of Science and Technology in China

中国の科学技術の体制など

科学技術の体制、歴史、政策
System, History and Policy of Science and Technology in China

中国科学院の正面

中国科学院
Chinese Academy of Sciences (CAS)

大連化学物理研究所の写真

中国科学院の主な附属研究機関
Major Institutes of CAS

京師大学堂と紅楼

中国の大学制度
University System in China

清華学堂

中国の主要大学
Major Universities in China

ノーベル賞を受賞する屠呦呦

優れた中国系科学者
Outstanding Chinese Scientists

松村謙三と握手をする郭沫若

中国の科学技術群像
Great Scientists and Leaders of Modern Chinese History

科学技術の国際比較

科学技術の国際比較
International Comparison of Scientific and Technological Capabilities

ノーベル賞のメダル

ノーベル賞候補者での日中比較
Comparison between Japan and China by Nobel Prize Candidates

中国の宇宙開発

中国の宇宙開発
Space Development in China

中国のライフサイエンス
Lifescience Activities in China

中国の科学技術についての記事

 現在、優れた中国系科学者の記事、中国科学院附属の主要研究所の記事を連載で掲載している。
Currently, I have serializing articles on Outstanding Chinese scientists and Major Research institutes of Chinese Academy of Sciences (CAS).

 なお、これらの記事を掲載したニュースレターをライフサイエンス振興財団で発出しており、受信希望の方は次のメールアドレスまで、連絡をお願いしたい。  japan@lifesci-found.com 

○国内での評価の高い科学者(連載中)
Scientists with high reputation in China (Now on Series)

邵峰(Feng Shao)

邵峰(1972年~)北京生命科学研究所副所長は、自然免疫の研究で成果を挙げ、2019年に未来科学大賞の生命科学賞を受賞した。

詳しくはこちら参照  Click here for more informations
馮小明(Xiaoming Feng)

馮小明(冯小明、1963年~)四川大学教授は、不斉合成の研究で高い効率を持つ新しい触媒を発見し、2018年に未来科学大賞物質科学賞を受賞した。

詳しくはこちら参照  Click here for more informations
周其林(Qi-Lin Zhou)

周其林(1957年~)南開大学教授は、スピロ型キラル配位子による触媒的不斉反応の研究で成果を挙げ、未来科学大賞などを受賞した有機化学者である。

詳しくはこちら参照  Click here for more informations
馬大為(Dawei Ma)

馬大為(1963年~)上海有機化学研究所研究員は、生理活性を持つ複雑な天然物の全合成で成果を挙げ、2018年に未来科学大賞物質科学賞を受賞している。

詳しくはこちら参照  Click here for more informations
張啓発(Qifa Zhang)

張啓発(张启发、1953年~)華中農業大学教授は、作物遺伝学を駆使してイネの品種改良で成果を挙げ、2018年に未来科学大賞生命科学賞を袁隆平や李家洋と同時に受賞した。

詳しくはこちら参照  Click here for more informations
施一公(Yigong Shi)

施一公(1967年~)西湖大学学長は、アポトーシスと膜タンパクの研究で成果を挙げ、2017年に未来科学大賞生命科学賞を受賞している。

詳しくはこちら参照  Click here for more informations

○中国科学院附属の主要研究機関(連載中)
Major Research institutes of Chinese Academy of Sciences (Now on Series)

高エネルギー物理研究所

高エネルギー物理研究所は、加速器などの大規模装置を設置・運用し、高エネルギー物理、加速器物理、放射線などの研究を行っている。

詳しくはこちら参照  Click here for more informations
中国科学院・物理研究所

物理研究所は北京市にあり、基礎物理や応用物理を研究しており、規模、研究開発力、研究成果などは中国科学院内でトップレベルとなっている。

詳しくはこちら参照  Click here for more informations
中国科学院・自動化研究所

自動化研究所は、制御技術、知能科学などの研究を行っている。中国科学院では規模、研究開発力、研究成果でバランスの良い機関である。

詳しくはこちら参照  Click here for more informations
合肥物質科学研究院

合肥物質科学研究院は、安徽省にある中国科学院の付属研究所で、光学精密機械、プラズマ物理、固体物理、強磁場、原子力安全など7つの研究ユニットの連合体である。

詳しくはこちら参照  Click here for more informations
中国科学院・金属研究所

金属研究所は遼寧省瀋陽市にあり、設立当初は鉄鋼や冶金の研究が中心であったが、現在は先端構造材料や新機能材料分野などの研究も行っている。

詳しくはこちら参照  Click here for more informations