ここでは、成長著しい中国におけるライフサイエンスに関連するトピックスを取り上げる。これらの記事作成に当たっては、ライフサイエンス振興財団嘱託研究員の佐藤真輔氏の協力を得ている。

○ゲノム編集技術 ゲノム科学を語る上で不可欠なのはゲノムを操作する技術で、近年発展著しいのがゲノム編集技術であり、中国の現状を紹介する。

ヒト受精卵からのヒトの誕生 中国のライフサイエンスの現状として、2018年末に世界に衝撃を与えたゲノム編集ベビーについて紹介したい。

サルの脳へのヒト遺伝子の導入 2019年に中国科学院昆明動物研究所と米国ノースカロライナ大学らの共同研究チームが行ったサルの脳へのヒト遺伝子導入について紹介する。

世界に誇るシーケンス技術を有するBGI 中国広東省深圳市にある先端的な生命科学企業で、世界に誇るシーケンス技術を有するBGI(華大基因)について述べる。

精密医療 中国では2016年より、ゲノム科学の成果の実用化として注目されている精密医療を、国家的なプロジェクトして実施している。

遺伝子組換え(GM)作物 農業でのライフサイエンス利用の一つとして、植物の遺伝子を組み換えるGM作物やそれから作られるGM食品の中国の現状を紹介する。

脳研究と霊長類実験 近年中国の研究者は、人体に残された最後の秘境と言われる脳研究に積極的に取り組んでいる。また脳研究などのための霊長類研究も盛んである。

幹細胞研究と再生医療 幹細胞研究は中国でも盛んであり、ケガや病気などによって失われた機能を幹細胞により元どおりにする再生医療も積極的に進められている。