はじめに

 ここでは、JST・CRDSの科学技術・研究開発に関する国際比較調査を元に、筆者の独自分析により、2023年の分野別科学技術力の比較と各分野の経年変化を示した。

 2023年では、中国の科学技術力が向上し、ほとんどの分野で日本と同等か一部優位に立っていることが示された。

 ようやく日本と互角になったのは、元データであるCRDS調査を担当した日本人研究者が、これまで中国の状況を重視してフォローしてこなかった可能性が高いと考えられる。今後中国の科学技術力はさらに伸張すれば、日本との位置関係が逆転したり、差が広がったりする可能性がある。

 なお、過去のデータなどについては、こちらを参照されたい。また、これらのデータの作成の方法については、こちら参照されたい。

1.環境・エネルギー分野

(1)2023年時点での競争力
   欧州~米国>中国~日本>韓国

(註)「~」は「~」の左の国・地域が右の国・地域と同等であるか若干強いと言うことであり、「>」は「>」の左の国・地域が右の国・地域と顕著な差があると言うことである。(以下同様)

(2)経年変化

環境・エネルギー分野の経年変化

2.システム・情報科学技術分野

(1)2023年時点での競争力  
   米国>欧州~中国~日本>韓国

(2)経年変化

システム・情報科学技術分野の経年変化

3.ナノテクノロジー・材料分野

(1)2021年時点での競争力  
   米国>欧州>日本~中国>韓国

(2)経年変化

ナノテクノロジー・材料分野の経年変化

4.ライフサイエンス・臨床医学分野

(1)2021年時点での競争力  
   米国>欧州>日本~中国>韓国

(2)経年変化 

ライフサイエンス・臨床医学分野の経年変化