北京协和医院(Peking Union Medical College Hospital)

はじめに

 北京協和医院は、中国トップクラスの歴史と実績を有する医療機関であり、兄弟組織である北京協和医学院も優れた高等医学教育機関である。

北京協和医院
北京協和医院 百度HPより引用

1. 名称

○中国語表記:北京协和医院
○日本語表記:北京協和医院
○英語表記:Peking Union Medical College Hospital 略称:PUMCH

2. 所管

 中国の政府である国務院に、医学・健康などの行政を行っていて日本の旧厚生省に相当する国家衛生健康委員会がある。
 この国家衛生健康委員会の直轄組織として、中国医学科学院・北京協和医学院がある。中華人民共和国建国後に、別々の組織であった医学研究を総括する中国医学科学院と医学高等教育を行う北京協和医学院が合体して出来た組織であり、両方のヘッドは同一人物となっている。
 沿革でも述べるが、北京協和医院は元々北京協和医学院の臨床病院であったが、2つの組織の合体によりその下部組織となった。合体後は、北京協和医学院の臨床病院であると共に、中国医学科学院の臨床病院としても位置づけも有することになった。

3. 所在地

 北京協和医院は、現在北京市内に2つの医院(西院と東院)を有している。

 元々の所在地は、北京市西城区大木倉胡同41号で、高等医学教育機関で兄弟組織の北京協和医学院が紫禁城の東側にあったのに対し、臨床病院たる北京協和医院は紫禁城の西側にあった。
 しかし、近年、新しい病棟が紫禁城の東側の北京市東城区師府園1号に建設され、これは北京協和医学院の近くである。

4. 沿革

(1)北京協和医学院の創設と北京協和医院の設置

 北京協和医院の兄弟組織である北京協和医学院の母体は、1906年に米英のキリスト教団体が北京に設立した「協和医学堂」である。協和は英語のUnionを中国語にしたものであり、5つのキリスト教団体が連合して設置したことを意味している。

 一方、米国資産家のロックフェラー(John Davison Rockefeller、1839年~1937年)は、中国での西洋医学教育の振興に関心を示し、1909年頃から有識者を中国本土に派遣して実情を調査した。1914年にロックフェラーは米国で財団を設立し、その初期の事業の一つとして北京の協和医学堂を買収し、これを母体としてより充実した西洋医学教育の実践を目指した。
 1915年にロックフェラー財団による買収が完了し、協和医学堂は「北京協和医学院(北京协和医学院、Peking Union Medical College)」と改称された。
 ロックフェラー財団は、多額の追加資金を投じて校舎建設や教師招聘などを行い、1919年に8年制の医学校として学生募集を開始するとともに、1921年に臨床機関として北京協和医院(北京协和医院、Peking Union Medical College Hospital)を開設した。

北京協和医院の旧門の写真
北京協和医院の旧門 同医院のHPより引用

(2)日本軍による占領

 1937年に日中戦争が始まり、北京が日本軍に占領されたが、北京協和医院は米国の関与する施設であったため、一種の治外法権的な措置から日本軍の占領は免れて業務を続行することが出来た。
 しかし、太平洋戦争が始まると日本にとって米国は敵国となり、1941年末には北京協和医院は日本軍に占領され、業務が完全に停止した。

(3)新中国建国後

 第二次世界大戦で日本が敗北し、北京からに日本軍が撤退すると、北京協和医院は再建された。1949年に国共内戦で中国共産党が勝利して北京が共産党により解放されると、同医院は共産党により接収された。

 文化大革命の際には、北京協和医院は革命派の批判対象となって「反帝医院」と改称された。文革終了後、再び北京協和医院に戻った。

5. 規模と評価

 北京協和医院のHPによれは、同医院の規模は次の通りである。
○病床数:既に述べたように北京協和医院は西院と東院を有しており、合わせて2,000床を超える病床数を有している。
○スタッフ:約4,300名を数える。
○その他のデータ:2023年の手術件数は7万3,000件、年間退院者数は13万人。

 また、復旦大学の医院管理研究所による中国医院ランキング(2022年)での評価は次の通りである。ランキング全体は、こちらを参照されたい。
○総合順位:全国1位  
○医療評価:満点が80点のところ、80点で全国1位
○学術評価:満点が20点のところ、15.301点で四川大学華西医院(20点)についで全国2位

6. 特記事項

(1)優れた医師を輩出

 北京協和医院は100年の歴史を有していることもあり、国民政府の時代を含め、優れた医師を輩出している。代表的な例を挙げると、以下の人達であり、詳しくはそれぞれの記事を参照されたい。

湯飛凡(汤飞凡):国民政府時代から新中国初期に活躍した細菌学者であり、眼の病であるトラコーマ治療でも画期的な成果を挙げたが、文革前の反右派闘争で批判され、自ら命を絶っている。

張孝騫(张孝骞):米国に留学して医学を学び、帰国後に近代内科学の基礎を築いた。また、医学教育にも力を注ぎ、北京協和医学院や湘雅医学院の発展に寄与した。

林巧稚:長く北京協和医院に勤務した中国の著名な女医であり、女性に対しての差別的な環境にも屈することなく努力を重ねて、近代の科学技術の歴史に名を残した。

(2)孫文・終焉の地

 中国革命の父と呼ばれ辛亥革命を主導した孫文は、志し半ばにして病に倒れ、1925年3月に死去したが、その最後の地がこの北京協和医院であった。死去した後、霊柩は江蘇省の南京に移され現在の中山陵に葬られた。

孫文の墓所である中山陵
孫文の眠る中山陵

参考資料

・北京協和医院HP https://www.pumch.cn/index.html